犬と猫の食事面の違い

犬や猫は、人間のパートナーとして長い歴史を持ち、世界中の人々に飼われている代表的なペットで私たちにとって身近な存在です。ペットを現在も飼っている、もしくは過去にペットを飼った経験がある方なら、犬や猫を飼ったご経験をされている方も多くいらっしゃることでしょう。そんな犬や猫の食習慣や食事内容など、食事面の違いについてお話しいたします。

犬と猫の食習慣

犬と猫とでは、食事の時間や回数も異なります。犬は、1日1回の食事で済ませられるほどの大きな胃袋を持っています。量を多めにしたドッグフードを1日1回のみ与えている飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、健康面を考慮すると1日1回だけの食事は好ましいとは言えません。ドッグフードの量を調整しながら1日2回に分けて与えると良いでしょう。また、猫に比べると水分も多く必要とするので食事の際はもちろん、いつでもお水を与えられる環境を整えておくようにしましょう。

その一方で猫は、数回に分けて少量の食事をする習性があります。1日2〜3回に分けた食事に気を配ると同時に、食べ残しが犬に比べると多いので腐敗の可能性のあるウェットフードなどは、食べ残しがあれば食事のたびに片付ける必要があります。犬と猫とでも食事面には違いがあることを理解して、ペットの健康に繋がる食習慣を作ってあげることも飼い主さんの大切な役目です。

犬と猫の食事内容

どちらもネコ目に属し、主に肉を食べる食肉目と呼ばれていることから、食事の内容には大きな差がないように感じますが、犬は必要な栄養素の割合が人間に似ています。その背景には、猫よりも遠い昔から人間のパートナーとして生活を共にしてきた歴史が関係しています。そのため、ドッグフードは低カロリーで高カルシウムのものが主流となっています。

それに比べてキャットフードは、高タンパク高カロリーでタウリンやビタミンAが含まれているのが特徴です。猫はタウリンやビタミンAを体内で生成することができず、食事から摂取する必要があるので、タウリンやビタミンAが含まれていないドッグフードを猫に与えることはおすすめできません。犬=ドッグフード、猫=キャットフードはもちろんですが、犬や猫それぞれに必要な栄養素をしっかりと理解しておくことが、ペットの健康を守るために大切なことです。

ドギードゥーウェブストアは、原材料を細かく明記した安心のドッグフードやキャットフードをはじめ、おやつに最適な北海道産のシタ・トリーツなどをご用意している通販ショップです。

オーガニックペットフードをお求めの方にも安心のトレーサビリティを明記した良品を揃え、ペットの食生活に安心をお届けいたします。ペットフード以外に様々なグッズもご紹介しておりますので、そちらもあわせてご覧下さい。安心できるペットフードやペットグッズをお探しなら、ドギードゥーウェブストアの通販をぜひご利用下さい。

About the owner

マーク

HELLO!!
ドギードゥーウェブストア店長代理のマークです。 僕の大好きなオイシい北海道をたくさん紹介しますね!

Top