ペットフードの保存方法

大切なペットが口にするペットフードは、保存方法にも気をつける必要があります。例えば、ドライフードを湿気の多い場所に置いていて、しけってしまったという方はいらっしゃいませんか?湿気の多い季節だと、カビや細菌の繁殖も心配です。ペットフードを上手に保存して新鮮な状態に保つために、こちらではペットフードの保存方法をご紹介いたします。

ペットフードを保存する3つのポイント

(1)気温の変化が少ない場所で保管する
夏や冬の季節による気温の変化だけではなく、空調による影響が少ない場所がおすすめです。一年を通して一定の気温を保てる場所で保管しましょう。

※ 冷蔵庫で保管する場合、常温に戻してから愛犬や愛猫に与えましょう。冷たいままだとフードの匂いが落ちてしまい、食いつきが悪くなってしまいます。また、お腹を冷やしてしまいます。

(2)直接日光が当たらない場所に保管する
日光によってペットフードが劣化する場合があります。ペットフードは室内の涼しい場所で保管しましょう。

(3)なるべく密閉する
袋の開け閉めだけでも、ペットフードはどんどん劣化してしまいます。量の多いペットフードを小分けにして与える場合には、1日分ずつ分けて保存することをおすすめします。最初にファスナー付きの袋などに分けておくことで、開封した際の新鮮な状態が長持ちします。ただ、小分けにすると消費期限がわからなくなってしまうので、分けた袋に消費期限を記入して忘れないように注意して下さい。

フードアイテムの活用

多くの方がペットを飼っている現在では、ペットフードを保存するためのフードアイテムなども販売されています。種類が多すぎて困っているという方は、密閉できる容器を選ぶことをおすすめします。また、選ぶ前に保管場所を決めておいて、そこにピッタリなサイズとデザインのフードアイテムを選ぶと、購入してから置き場所に悩むことがなくなります。

ドギードゥーウェブストアの通販で購入できるペットフードは合成食品添加物が含まれていない商品をセレクトしています。そのため、保存方法には注意を払う必要があります。原材料のトレーサビリティを明記した、安心・安全なペットフードが通販で手軽に購入できるのもドギードゥーウェブストアの強みです。
ドギードゥーウェブストアでは、手作りのペットフードを与えているという方におすすめのにぼしや鮭チップスなども取り扱っております。ペットフードのトッピングやおやつにぜひご活用下さい。
また、ボウルセットやマットなどのフードアイテムも販売しております。ペットの気分転換や、楽しく食事をしてもらうためにぜひお試し下さい。

About the owner

マーク

HELLO!!
ドギードゥーウェブストア店長代理のマークです。 僕の大好きなオイシい北海道をたくさん紹介しますね!

Top