愛犬の食事でのしつけを考える

愛犬の食事のしつけは、ペットフードやトリーツなどの食べ物を目の前にしても、飼い主さんが許可を出すまで「待て」の状態を維持させることにはじまります。食べ物を好きなだけ食べてしまうと、肥満などの生活習慣病や様々な病気を引き起こしますので、飼い主さんのしつけが大切になってきます。
こちらでは、愛犬の食事でのしつけについてご紹介いたします。

主従関係を明確に

飼い主さんとの主従関係を明確にするには、食事の時間が最も良い機会です。飼い主さんをリーダーとして愛犬に認識させるために、まず飼い主さんが先に食事をすることです。これをしつけの初期段階で行わなければ、愛犬は間違った主従関係を認識し、関係性が曖昧になってしまう可能性があります。飼い主さんをリーダーとして認識させるためには、下の立場に見られないように、愛犬に指示を出すことを心がけるのが大切です。

指示を理解させる

主従関係が明確になりましたら、飼い主さんの指示を愛犬に理解させましょう。愛犬が欲求をコントロールできるようになるには、自制心が必要ですからこちらも食事時間が有効です。
その自制心を植えつけるには、飼い主さんが指示を出す声のトーンに強弱をつけ、身ぶり手ぶりの動作を交えることが大切です。愛犬が指示通りに行動できた際には、しっかりと褒めてあげるようにしましょう。食事の時間は、しつけをするのに最適な時間なので、食事の時間を上手く活用して愛犬のしつけに役立ててみて下さい。

拾い食い・誤飲の予防につながる

食事のしつけは愛犬の拾い食い、誤飲を予防する効果があることも分かっています。拾い食いがいけないということを愛犬に理解させることで、散歩先でも「待て」の状態を作り、飼い主さんからの許可を待てるようになります。そうすることで、拾い食い・誤飲による体調不良や病気を引き起こす心配を、なくすことができます。

ドギードゥーウェブストアでは、愛犬の食事でのしつけに最適なドッグフードやトリーツ通販で提供しております。オーガニックドッグフードのソルビダは、子犬用・成犬用を揃え、低カロリーで効率的な消化を促し、栄養吸収をサポートに最適です。また、オリジナル商品である北海道産の食肉を使用したシタ・トリーツは、着色料や香料、保存料を使用していない無添加トリーツです。
愛犬はもちろん愛猫にも安心して与えることができます。トレーサビリティを明記したジャーキーやソーセージなど様々な種類があり、通販でトリーツをお探しの飼い主さんにも喜んでいただける商品ラインナップとなっております。ドギードゥーウェブストアの通販は、愛犬の健康を応援いたします。

About the owner

マーク

HELLO!!
ドギードゥーウェブストア店長代理のマークです。 僕の大好きなオイシい北海道をたくさん紹介しますね!

Top